すべて

グラフィックデザイナー募集

ポーラーデザインでは、現在、グラフィックデザイナーを募集しております。

お仕事はクライアントとの直接取り引きがほとんどです。
顧客の持っている能力や価値を対話と観察で理解し、適切に表現するお仕事です。
人の話をしっかり聞いて理解する姿勢、グラフィックの細部にこだわる職人的な能力の両方を求められます。

簡単な仕事ではないですが、それを楽しみながら一緒に成長出来る人を求めています。



■募集職種
グラフィックデザイナー

■業務内容
主に9:00-18:00
フレックスタイム制のため、個々の状況に合わせて柔軟に対応可能です。

■待遇
パートタイム または 正社員
詳細は能力に応じて話し合った上で決定させていただきます。

■こんな方と一緒に
・デザインに関する興味・関心が強い方
・自分の得意分野や強みを理解している方
・自分で考えて行動できる方

■勤務地
京都事務所
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町29-3 三条ファクトリー 2F Room5

■募集人数
1名

■選考の流れ
書類選考→面接審査(京都事務所にて)→内定
書類選考を通過し面接審査に進まれる場合のみ、こちらから1週間以内にご連絡させていただきます。

■エントリー方法
履歴書、ポートフォリオのダウンロードURLを明記の上、お問い合わせページからご連絡ください。
(採用担当:代表 畔柳)

Category 採用情報

事務所紹介1

事務所を引っ越ししてから色々備品揃ってインテリア完成したら写真撮ろう、撮ろうと思いながら半年が過ぎました。
急遽知り合いからライカM(+ズミクロンM f2.0/50mm)を借りることができたのでテスト撮影として周りの環境含めて撮影してみました。事務所内散らかってますがあしからず・・・年内には完成させてきっちり撮影しようと思います。

事務所入口です。
アーティストさん、作家さんが入られる可能性を考えられており、作品搬入を想定して間口がとても広いです。

建物自体は元染色工場をリノベーションした建築で、弊社は2階の構造むき出しの部屋をお借りしています。

柱もそのまま使用しています。

建物は路地奥にあるのですが、その手前に町家があり現在工事中。
カフェになるようです。

ちなみにお部屋の方はまだ2部屋空いています。(2021.10.15 現在)

町家前から撮影。
奥に見えるのは三条商店街です。徒歩30秒くらいです。

3軒となりには武信稲荷さんがあります。
朝の木漏れ日も夕方も西日も気持ちのよい場所です。

はじめてライカMで撮影しました。
本体なのか、レンズの効果なのかわかりませんが被写体の立体感がすごいですね。レンジファインダーなので若干構図がズレるのも新鮮でした。


畔柳

Category ブログ

動画撮影アシスタント・編集スタッフ募集

ポーラーデザインでは、現在、撮影アシスタント・編集スタッフを募集しております。
業務内容は動画撮影業務(主にロケ撮影)のアシスタントと編集業務です。
関西圏での撮影が多いですが全国各地に行く可能性があります。
仕事の合間や終わりに現地の美味しいものを食べたり、美術館に行ったりしながら、インプットの機会と捉えて滞在することもあります。
仕事を楽しみながら一緒に成長出来る人を求めています。



■募集職種
動画撮影アシスタント・動画編集(未経験可)

■業務内容
・動画撮影業務補助
・動画編集業務

■業務内容
主に9:00-18:00
フレックスタイム制のため、個々の状況に合わせて柔軟に対応可能です。
撮影時の就業時間は案件によります。

■待遇
パートタイム または 社員
詳細は能力に応じて話し合った上で決定させていただきます。

■条件
・デザインに関する興味・関心が強い方
・自分の得意分野や強みを理解している方
・自分で考えて行動できる方
・体力に自信のある方(ロケ撮影では体力必須です)

■勤務地
県外ロケ撮影も多いです。
編集仕事は京都事務所にて。

京都事務所
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町29-3 三条ファクトリー 2F Room5


■募集人数
若干名

■その他
・自動車運転免許必須
(ロケ撮影時の移動のため。これから取得する、という方でも大丈夫です。)
・主にAdobe Premiere / After Effect / Illustratorを使用します。

■選考の流れ
書類選考→面接審査(京都事務所にて)→内定
書類選考を通過し面接審査に進まれる場合のみ、こちらから1週間以内にご連絡させていただきます。

■エントリー方法
履歴書、ポートフォリオのダウンロードURLを明記の上、お問い合わせページからご連絡ください。
(採用担当:代表 畔柳)

Category 採用情報

石版石

初めまして、スタッフの山浦です。

いきなりリトグラフをしようと思い立ち、デザインの仕事の傍ら京都のリトグラフ工房に通い始めて早3ヶ月。
私は石を使った印刷技法を学び始めました。


リトグラフは、版に化学反応を起こして、描いた絵を紙に転写する技法。
石を使った版画技法、その正式名称「石版石版画」。
「石」という言葉が2つも続いて、なんだかとても堅そうなお方…。

版に使う石はこんな感じ、重たいもので1つ 50kg以上。
厚みは大体10センチ程度。
新しく作品を作りたい場合は、石の表面を研磨で削り絵を消して作成するため、まだまだ使えそうです。
作家さんや学生さんたちはそんな自分の体重と変わらない重さの石も制作に使用します。

石によって形もさまざま。


先日完成した石版石の小さな作品。
結婚式に家族たちへ贈り、旅立っていきました。

ちなみにこの、京都リトグラフ工房のリノベーション設計したのは弊社のインテリアプランニングしてくれた「Kiiri」の家入さん。
京都リトグラフ工房は第9回京都建築賞・藤井厚二賞を受賞しています。
おめでとうございます。

なんで石で転写ができるの?という疑問のからくりは制作過程と合わせて、またお伝えしたいと思います。



山浦 朱乃

Category ブログ

北山丸太

北山丸太の撮影に伺いました。
床柱などに使用される材木で美しい模様が特徴です。

左が天然、右が人工的に模様をつけたもの。

枝を間引く作業の撮影。

Category 制作関連