CN
JP EN

ブログ

修理

3月にバウハウス校舎のショップで購入したBodumのChambordコーヒーカップにヒビが入りました。ビーカーのようなガラスカップに再生プラスチックのハンドルが金属バンドで取り付けられたもので、ハンドルはMoMAのオリジナルカラーです。2色セットを2セット購入し、青・赤、緑・黄の4色全て揃えました。
負傷の瞬間は大変に呆気なく、空のカップに氷を「コトン」と入れただけで底にヒビが入ったのです。しかも愚かなことに、朝に1つのカップにヒビを入れ、お昼前にも別のカップに同じことをして計2個のカップをダメにしました。

大変落ち込み、カップを捨てる気になれず保管して眺めていました。
陶器が破損した場合には自分で金継ぎをして直していますが、複雑にヒビの入ったガラスは修理しても容易に壊れそうです。どうしたものかと悩んでいたところ、家に遊びに来た友人が助言してくれたのです。
「おんなじようなビーカー買って、これ(ハンドルと金属バンド)付け替えたらええんちゃう」
「それや!!!」天才か。感激しました。
早速AmazonでHARIOのビーカーグラスなるものを見つけて2個注文しました。クラフトサイエンスというラインのグラスで、サイズや見た目はBodumのカップによく似ています。プライム会員なので翌日届きました。Bodumカップのネジを緩め、金属バンドとハンドルを取り外します。
しかしHARIOのグラスはBodumのカップに比べて径が若干小さく、バンドが余ります。仕方がないのでHARIOに合わせて金属バンドを10mmほど短くすることにしました。家にある普通のハサミで強引にカットし、普通のドライバーでグリグリと30分かけてネジ用の穴を開けます。繰り返すこと2回。
そして誕生したのがこの少し小さめのChambordコーヒーカップです。元々のカップよりもガラスが厚く、頑丈そうです。

壊れたプロダクトの破損箇所だけ交換することができました。サスティナブルです。
なにより、ドイツで買った思い出の品をドイツ的な方法で使い続けることができ、感無量です。

それにしても、残りの2個のカップもいずれ小さくなる未来が見えます。
そうなるともはやHARIOのコーヒーカップなのでは?
修理の容易性も大切ですが、そもそももう少し頑丈でもいいんじゃない?そう思います。

畔柳

Category ブログ

阪神×巨人

甲子園で2年ぶり(?)くらいにプロ野球 阪神×巨人戦を観戦しました。
天気が良く、前半は浜風が気持ち良い観戦日和でした。

3塁側からの観戦でしたがほとんどが阪神ファンの方々でした。(ちなみに私は野球そのもののファンであり、特定のチームを応援しているわけではないです。上手いプレーや良いプレーを見ると幸せな気持ちになります。)
今回は4-2で阪神が勝利、抜きつ抜かれつのナイスゲームでした。大山選手と岡本選手、両チームの4番バッターのホームランが見られたし、吉川選手、中野選手のセカンド守備も素晴らしく、良い気分でした。

旅行プランに組み込まれているのか、外国人観光客の方も結構な人数が観戦されていました。確かに甲子園(というか阪神戦)での野球観戦は阪神ファンの応援の躍動感が半端じゃないので、それも混みで立派な観光資源と言えます。

私も大谷選手を見に、今年か来年にボールパークに行きたいです。
その頃大谷選手はどこのチームにいるのか、、、トレード期限が1週間に迫っているので勝手にドキドキしています。


畔柳

Category ブログ

下鴨神社 みたらし祭

京都・下鴨神社のみたらし祭に行きました。
「足つけ神事」で知られるみたらし祭は、境内の御手洗池の湧き水に足を膝まで浸して献灯し、無病息災を祈る神事です。
京都に住み始めて15年、はじめて行ってみました。

感想は「めっちゃよかった」です。もっと早く行くべきでした。
蝋燭を持って池に入る、というシンプルな行為をするだけでこんなにも穢が払われた気がするのは不思議なものです。いや、実際払われたと思います。最初に考えた人天才です。

京都の夏は湿度が高く暴力的に暑く不快です。いつまで経っても慣れませんが、夏の楽しみとしてみたらし祭りがあると思うと、これから少しだけ夏が楽しみになるかもしれません。
お近くの方だけでなく、遠方からでも来る価値がある素敵な体験でした。


畔柳

Category ブログ

シロクマ人形①

弊社にはいくつかシロクマの人形があります。
↓は2022年3月の写真ですが、現状はここから徐々に増えてきています。

今日は今回新たに加わったシロクマ人形をご紹介。
退職するスタッフとそのパートナーからいただいた陶器のシロクマです。
滑らかなフォルムがなんとも愛らしい造形です。

また徐々に他の人形の紹介もしていきます。

畔柳

Category ブログ

岩手山

先日お仕事で岩手県盛岡市にお邪魔しました。
現場からは岩手県の最高峰である岩手山が見えました。

クライアントが岩手山北東にあり国指定特別天然記念物でもある焼走り熔岩流を見に連れて行ってくれました。
熔岩が積み重なった景色は圧巻。土壌が形成されず植物がほとんど無く、1719年(諸説あるようです)噴出当時の姿そのまま見られる貴重な場所でした。
写真は17時頃。

別日には八幡平山頂付近、「ドラゴンアイ」と呼ばれている鏡沼にも連れて行っていただきました。
当日は曇りでしたが、綺麗な青でした。晴れていると更に輝くのだそうです。

翌日、今年のドラゴンアイは美しいとニュースになっていて驚き。
たまたま良い時に見られて幸運です↓

ドラゴンアイからの帰り道、山中に突如廃墟が現れました。
調べたら東洋一と言われた硫黄鉱山・松尾鉱山跡地でした。当時最先端の設備を備えた標高1000m付近にある鉱山都市は「雲上の楽園」と呼ばれ、最盛期の1960年には約1.3万人の人々が暮らした集合住宅のほか、病院、小・中・高校、映画館まであったそうです。

詳しくは岩手県が動画を作っていました↓

盛岡は美しい風景がたくさんあり、ゆっくりプライベートでも行きたいと思える素敵な地域でした。次回はホヤとわんこ蕎麦を食べたいです。

山形・岩手と、東北での仕事が続きました。
次はさらに北上して青森、北海道あたりの仕事が来ないかなあと思っています・・・


畔柳

Category ブログ